就活

【ガチです】ブラックインターンで人間やめた話|無給・放置は当たり前!

2020年4月4日

  1. HOME >
  2. 就活 >

【ガチです】ブラックインターンで人間やめた話|無給・放置は当たり前!

2020年4月4日

 

本記事で分かること

  • ブラックインターンは危ないインターン
  • ブラックインターンでは無給だった
Sakura

学生メディア「Sakuralog(サクラログ)」編集部のSakuraです!

本記事では「ブラックインターン」について紹介していきます。  

そもそもブラックインターンって言葉を聞いたことはありますか?

初めて聞きました...

ブラックインターンって何ですか?

男子学生A
Sakura

確かに、あまり有名な言葉ではないですよね(笑)

そこで、本記事ではブラックインターンとは何かについて紹介します。

また、私自身のブラックインターンの実体験も紹介します。

本記事を読めば、ブラックインターンについて完璧に理解できるようになるので、ブラックインターンとは何かについて知りたい大学生の方はぜひ読んでみてくださいね。

 

ブラックインターンとは

そもそもブラックインターンって何ですか?

男子学生A
Sakura

ブラックインターンとは、労働環境が劣悪なインターンシップのことです。

インターンシップは実施期間によって「長期インターンシップ」と「短期インターンシップ」に分けられており、ブラックインターンは長期インターンシップに該当します。

そして、そんなブラックインターンの特徴例としては、「報酬が最低賃金以下」「仕事をまったく教えてもらえない」「厳しいノルマを押し付けられる」などがあげられます。

Sakura

一見すると「そんなことありえないでしょ(笑)」と思ってしまうような内容ですが、これらは現実にありえることです。

Sakura

大学生になるとインターンシップに興味を持つかもしれませんが、ブラックインターンにだけは捕まらないようにしたいですね...

 

ブラックインターンの見分け方

ブラックインターンって怖いですね...

けど、どうやって見分ければいいんですか?

男子学生A
Sakura

ブラックインターンを見分けるには以下の3つの方法があります。

ブラックインターンの見分け方

  • 給料が最低賃金を割っていないか
  • 社員が「やりがい」という単語を連呼していないか
  • 他に学生インターンはいるか
Sakura

では、それぞれについて解説していきますね!

 

 

【実体験】これがブラックインターンの実態だ!

ブラックインターンってかなりエグイですね...(笑)

男子学生A
Sakura

お世辞抜きでブラックインターンはエグイです(笑)

私もインターンシップを経験したことがあるんですが、正真正銘のブラックインターンでした...(笑)

私みたいな犠牲者を増やさないためにも、そのときの体験談を紹介しますね!

 

実態①:時給が出ない

インターンシップ先の社長めちゃくちゃ話が上手かったんですよね。純粋な私は社長の話に普通に感激してしまいました。

 

Sakura

私のインターンシップ先では飛び込み営業が主な仕事で、給与体系は契約を一つ取る度に報酬が支給される完全歩合制でした。

そのため、契約が取れなければ何時間働こうが給料はゼロ!

さらに、交通費も出ないため、結果を出せなければドンドンマイナスになっていくという超ハードモード....

ちなみに労働基準法では、

第二十七条 出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。 (最低賃金)

となっているので、完全歩合制はガッツリ労働基準法違反です。

そのため、長期インターンシップを考えている方は、こういった企業は絶対に避けましょう。 

 

実態②:過剰な労働時間

バイトがほぼ入れなくなる

 

インターンの活動は自由シフトでしたが、週4日以上の勤務が基本とされていました。

また、学校のない土日はフルタイム(7~21時の14時間)で入るのが当たり前で、気の弱い私はその謎の同調圧力に屈し、土日はフルタイムで入っていました。

Sakura

慣れない飛び込み営業に長時間労働。そして交通費で消えていくお金.....

私Sakuraはあまりのストレスで不眠症となり、インターン前日は一晩中、YouTubeでヒーリングミュージックを聴くようになってしまいました

 

Sakura

あのころは、生きた心地がしませんでしたね....(笑)

 

実態③:罵詈雑言

 

そんなインターン生活が長続きするはずもなく、我慢の限界を迎えた私はついにインターンを辞めることを決意しました。

しかし、いざ辞める旨の電話をかけると、まさかの罵詈雑言の嵐

「途中で投げですなんて人間じゃねぇぞ!!!!」

という人格否定ならぬ人間否定をされてしまいました。

Sakura

妖怪人間以外に人間であることを否定されることなんてあるんですね。

早く人間になりたい!!!

とはいえ、そこまで言われるとさすがの私も黙っているわけにはいきません。

相手の罵詈雑言の途中でしたが、

Sakura

それなら僕は人間やめまぁぁす!!!

と、さながらDIO様のごとく高らかに宣言して電話を切りました。

返却するものがあるから事務所に来いとも言ってましたが、行ったらやばそうだったので行きませんでした。

そして、私が人間をやめたことに恐れおののいたのか、その後向こうから電話がくることはありませんでした。

 

まとめ:ここがいけなかった!

いかがだったでしょうか。

今回は【ガチです】ブラックインターンで人間やめた話|無給・放置は当たり前!について紹介しました。

本記事のまとめ

◆ブラックインターンは労働環境が最悪

◆ブラックインターンでは罵詈雑言を浴びせられる

Sakura

学生メディア「Sakuralog(サクラログ)」では、学生生活に役立つ記事を多数執筆しているので、ぜひ他の記事も読んでみてくださいね!

                    

  • この記事を書いた人

Sakura

留年と休学を経て現在5回生の現役大学生ブロガー。 在学中に経験した数々の失敗をネタに記事を作成。 漫画家志望

-就活
-, , ,

© 2021 学生メディア|Sakuralog(サクラログ)