ハロウィン限定の超辛口日本酒「魔の鶴」が発売!

 

尾畑酒造株式会社は、2020年ハロウィン限定版「魔の鶴」をリリースした。

 

写真:ハロウィン版「魔の鶴」/提供:尾畑酒造株式会社

 

2019年に販売がスタートした「魔の鶴」が、ラベルを一新して今年も登場する。

「魔の鶴」は日本酒度+15の大辛口。日本酒度とは、お酒の甘い辛いの目安を表す数値のことで、数値が低いと甘口で、高いと辛口を示す。一般的に辛口は+4~+7くらいなので、+15と言えば、悪魔もしびれる辛口。まさに“魔除け”の日本酒だ。

 

写真:2019年版「魔の鶴」/提供:尾畑酒造株式会社

 

写真:2020年版「魔の鶴」/提供:尾畑酒造株式会社

 

また、「魔の鶴」のPR動画は一度見たら頭から離れないと話題に。「佐渡島からアイツがやって来る」「酒も人生も甘くみちゃいけないぜ」と呟きながら悪魔が「魔の鶴」を一口飲むと・・・!?驚きの展開を見せる「魔の鶴」30秒動画は必見だ。

 

 

値段もお手頃で学生でも買いやすいので、ハロウィンの思い出に一度飲んでみてはいかがだろうか?

 

 

【商品概要】

品名:ハロウィン版「魔の鶴」2020
発売:9月20日
製品タイプ:本醸造
使用米:麹米 五百万石(精米歩合60%)、掛け米 こしいぶき(精米歩合歩合60%)
アルコール度数:15.5度
日本酒度:+15以上
小売り価格:720ml 1,250円(税別)、1800ml 2,500円(税別)
商品詳細:https://www.obata-shuzo.com/shop/item.asp?id=329
合う料理:スペアリブ、ステーキなど

 

写真:スペアリブと「魔の鶴」/提供:尾畑酒造株式会社

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。