スマホ版「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」のテスト版が国内でプレイ可能に!

 

PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」(League of Legends、以下 LoL)の運営元Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズは、LoLのスマートフォン向けタイトルの異世界マルチバトル「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」(以下、ワイルドリフト)のクローズドベータテスト(CBT)を10月8日(木)午前9時より日本国内でスタートすることを発表した。

 

 

「ワイルドリフト」は、PC版のLoLをスマートフォンでも楽しむことができるようライアットゲームズが、一から制作した新しいゲームタイトル。本作はペースの速いゲーム展開を採用し、スマートフォンに最適化させた操作方法で、いつでも快適にプレイすることを実現した。

「ワイルドリフト」のCBTは、9月16日より東南アジア一部地域で順次スタートしており、この度ついに日本と韓国もCBT対象地域となった。そのほかの地域に関しても後日公開される予定。また、CBT版のプレイヤーは、事前登録をした中から選出された方などが対象*となる。

 

*AndroidにおいてはGoogle PlayでCBTへの事前登録をしたプレイヤーの中で、早期に登録いただいた方から参加者を選出。可能な限り多くの方がすぐにプレイできる環境を準備する予定。
iOSでは「ワイルドリフト」のウェブサイトからサインアップした中から、CBTへのプレイヤーを選出。AndroidおよびiOSいずれもCBTの期間は数週間となる予定。

 

 

■「ワイルドリフト」の事前登録については公式サイトで受付中!
https://wildrift.leagueoflegends.com/ja-jp/
■「ワイルドリフト」公式Twitter
https://twitter.com/wildriftjp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。