竹内涼真、ゼニスブティック銀座のOPセレモニーに登場! 「高校生の時から憧れていました」

 

LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン株式会社は、銀座・並木通りの新店舗リニューアルオープンを記念して、10月14日に「ゼニス ブティック銀座グランドオープニングセレモニー」を開催し、アンバサダーの竹内涼真が登場した。

 

 

銀座・並木通りにオープンした世界の旗艦店となる「ゼニス ブティック銀座」は、ブランドカラーのネイビーブルーとクールグレーを配した明るい店内で、最新コレクションからレギュラーコレンクションまで幅広い品揃えとゆったりとした空間を楽しめる。

 

今回のオープン記念イベントには、スペシャルゲストとしてアンバサダーに就任した竹内涼真が登場。イベントで竹内は、ルパン三世のキャラクター・次元大介とのコラボレーションモデル「クロノマスター リバイバル ルパン三世-セカンドエディション」を着用し、「クールなうえにエレガントで、大変貴重な時計を着けさせていただき、緊張しています。ケースが37mmで小さいフェイスと着け心地の良いラダーが好きなポイントです。」と、コメントした。

 

また、トークセッションでは、「父親とブティックを訪れた高校生の時、父親が時計を探していて、初めて入ったお店がゼニスだったため、ゆかりがあります。率直にびっくりしたし嬉しかったです。」と、アンバサダーに決まったときの感想を父親との想い出のエピソードを交えて語り、「父親が一番喜んでいると思います」と笑顔で述べた。

 

 

そして、ゼニスのモットーである、「Time to Reach Your Star(最も高い、あなたの星をつかむために)」にちなんで、今後自身が目指す高い星は何か聞かれると、「今は日本以外の方々と簡単に繋がれる時代。仕事を通して各国の人たちと仕事をしていきたいです」とコメントした。

 

 

さらに今回、ゼニスCEOのジュリアン・トルナーレがオンラインで登場。「ゼニスの理念を体現されている竹内さんをゼニスのアンバサダーとしてご紹介できることを非常に光栄に思っています。」と挨拶。竹内は「いつかゼニスの時計に見合う大人になりたかったので、この場に立てていることを光栄に思っています」と語った。

 

[st-div class=”” margin=”0 0 -5px -5px” padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi fontawesome=”fa-check” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#FFECB3″ color=”” margin=”0 0 0 0″ radius=”30″ position=”” add_boxstyle=””]こちらもCHECK[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass=”st-card-minihukidashi” id=”6921″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

 

 

【ゼニス ブティック銀座概要】

 

住所:東京都中央区銀座6-7-16
時間:月~土曜日 12:00~20:00 / 日曜・祝日 11:00~19:00
定休日:毎月第2水曜日
電話番号:03‐3575‐5861

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。