斉藤壮馬が話題作を朗読! 小説『滅びの前のシャングリラ』のPVを公開

 

株式会社中央公論新社は、2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうさんの最新作『滅びの前のシャングリラ』のPVを公開し、朗読の声を人気声優・斉藤壮馬が担当することを発表した。

 

 

今回声を担当した斎藤は、声優界きっての読書家。そんな斉藤による朗読PVは、話題作の世界観を存分に味わえること間違いなしだ。

 

[st-div class=”” margin=”0 0 -5px -5px” padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi fontawesome=”fa-check” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#FFECB3″ color=”” margin=”0 0 0 0″ radius=”30″ position=”” add_boxstyle=””]こちらもCHECK[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass=”st-card-minihukidashi” id=”7954″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

 

 

【『滅びの前のシャングリラ』あらすじ】

 

「明日死ねたら楽なのにとずっと夢見ていた。
なのに最期の最期になって、もう少し生きてみてもよかったと思っている」

一ヶ月後、小惑星が衝突し、地球は滅びる。学校でいじめを受ける友樹、人を殺したヤクザの信士、恋人から逃げ出した静香。そして――

荒廃していく世界の中で、四人は生きる意味を、いまわのきわまでに見つけられるのか。圧巻のラストに息を呑む。滅び行く運命の中で、幸せについて問う傑作。

 

 

【PVはこちら】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。