ニュース

Official髭男dism×放課後『カルピス』× SCHOOL OF LOCK! が届ける"もうひとつの文化祭"

  1. HOME >
  2. ニュース >

Official髭男dism×放課後『カルピス』× SCHOOL OF LOCK! が届ける"もうひとつの文化祭"

 

TOKYO FMをはじめとするJFN38局で放送中の10代向けワイド番組『SCHOOL OF LOCK!』では、「高校生の可能性だらけの放課後を応援する「放課後『カルピス』」プロジェクトとタッグを組み、11月8日(日)にオンラインイベント「超放課後祭 Supported by 放課後『カルピス』」を開催することを発表した。

 

 

この企画は、今年4月から展開してきた番組「ヒゲダンLOCKS!」内で寄せられた「放課後そのものが失われてしまった」「大事な発表の機会や、友達との思い出を作る機会がなくなってしまった」という10代からの声を受けて発案された、“1日限りの特別なオンライン上の文化祭”企画。大変なことも多かった2020年を高校生たちが心から楽しみ、きちんと思い出に残していけることを目指し、日々取り組んできた練習の成果や今こそ伝えたい想いを発表する場を、高校生たちと一緒に作り上げていく。

 

そしてイベント内では、今年「ヒゲダンLOCKS!」にて高校生たちと交流してきたOfficial髭男dismのメンバーがこのイベントの実行委員長に就任し、高校生の想いが込められたパフォーマンスを見届ける。また、『SCHOOL OF LOCK!』のパーソナリティであるさかた校長・こもり教頭の二人や、谷山紀章、下野紘が声優を務めるオリジナルキャラクター「N&K」、「高校生あるある」で話題の芸人「土佐兄弟」も、高校生を応援するサポーターとして参加する。

 

さらに、フィナーレでは、ヒゲダンによるスペシャルライブの配信も決定。今年の高校生へエールを贈る、このイベントオリジナルのライブ演奏を披露する。

 

こちらもCHECK

全国高等学校ダンス部選手権(DDC)が初のオンライン開催!

続きを見る

 

 

【『超放課後祭』実行委員長 Official髭男dism  コメント】

 

4月から、「放課後『カルピス』」と一緒に、みんなの放課後を応援しようと、「放課後チャレンジ」という授業をやってきましたが、メッセージをもらって向き合ってきた中で、コロナ禍で演奏ができなかった生徒、大会の機会を奪われてしまった生徒がたくさんいました。そこで何かができないかと思っていたのですが、ようやく形にできました! 機会が奪われてしまったから披露ができなかったという生徒だけではなく、何かを感じていて何かを発信したいという生徒ともタッグが組めるように、ということでお祭りを開催していきます! この日、準備して待っています! どんな化学反応が生まれてどんな1日になるかをとにかく楽しみにしています!

 

 

【超放課後祭 Supported by放課後『カルピス』概要】

開催日:2020年11月8日(日) 20:00~
視聴方法:YouTube、Twitter、LINE
アサヒ飲料公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/AsahiSoftDrinks
放課後カルピスTwitter:https://twitter.com/calpis_houkago?lang=ja
LINE MUSIC公式LINE アカウント:https://line.me/ti/p/%40linemusic
出演:Official髭男dism、坂田光(さかた校長)、小森隼(こもり教頭)、N(CV:谷山紀章)、K(CV:下野紘)、土佐兄弟
特設サイト:https://www.calpis.info/houkago/houkagosai/

 

参加高校一覧:北海道富良野高等学校 少林寺拳法部、青森県青森山田高等学校 男子新体操部、埼玉県立松山高等学校 應援團、大阪府梅花高等学校 チアリーディング部、兵庫県立東播磨高等学校 放送部、福岡県立八幡中央高等学校 書道部、福岡工業大学附属城東高等学校 吹奏楽部

 

 

【参加高校一部紹介】

■北海道富良野高等学校 少林寺拳法部 『世界最強の少林寺女子コンビ、最後の演武』

 

小学校2年で組演武のコンビを結成し、中学生の時は世界大会も制覇するほどの実力を持つ少林寺女子コンビ。
しかし高校卒業後は別の道に進むこととなり、“最強コンビ”は今年をもって解散が決まっている。インターハイが中止になってしまった彼女たちが、叶えることができなかった「二人で行う最後の演武」を披露する。

 

■福岡県立八幡中央高等学校 書道部 『全身で書け!日本一の書道パフォーマンス。』

 

一昨年のインターハイで優勝経験もある書道パフォーマンスの強豪校。全身を使って演劇のように文字を書く様子は、一般的な“書道”のイメージをがらりと塗り替えるパワーを持つ。今回は引退を控えた3年生たちを後輩たちが支えながら、今年3月に国際的な文化交流イベントで披露するはずだったパフォーマンスに挑む。

 

■福岡工業大学附属城東高等学校 吹奏楽部 『強豪吹奏楽部、悔しさも、“今年しかできない演奏”に込める。』

 

全国大会に常連で名を連ねる強豪吹奏楽部。昨年の九州大会ではあと1歩のところで惜しくも全国行きを逃し、今年はその悔しさを胸に練習に励んでいたが、全国大会は中止に。3年生の引退を目前に、リベンジが叶わなかったその悔しさと熱量を“今年の自分たちにしかできない演奏”に込める。

 

  • この記事を書いた人

ハリー

カメラが趣味の現役大学生Webライター。WEBマーケティングを独学し、現在は記事執筆とインスタグラムの運用でご飯を食べている。「餃子の王将」をこよなく愛し、餃子クラブの会員証は毎年自費で入手している。

-ニュース
-,

© 2021 学生メディア|ガクスタ