ニュース

女優・土屋太鳳が「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2020」最終審査会に登壇! 

  1. HOME >
  2. ニュース >

女優・土屋太鳳が「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2020」最終審査会に登壇! 

 

株式会社蔦屋書店(以下、TSUTAYA)は、カルチュア・エンタテインメント株式会社(以下、CE)と合同で主催する映像企画とクリエイターの発掘プログラム「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2020(以下、TCP)」の最終審査会を11月19日(木)に行い、ゲストとして女優の土屋太鳳が登壇することを発表した。

 

 

「TCP」は、様々なエンタテインメントコンテンツを創り出すクリエイターを発掘し、レンタル・販売までを総合的に支援することを目的に2015年に立ち上がったプログラム。今年は654企画の中から最終審査会で登壇する脚本部門3名、監督部門3名、企画部門3名の計9名のファイナリストが決定した。

 

今回、最終審査会にゲストとして登場する女優の土屋太鳳は、「TCP2016」でグランプリを獲得し、2021年2月5日(金)に公開となる映画『哀愁しんでれら』で主演を務める。『哀愁しんでれら』は、天真爛漫なイメージの強い土屋太鳳が次第に狂い出す運命に身を投じる“シンデレラ”を演じることで話題の作品。

 

 

最終審査員には、昨年に引き続きの参加となる小川真司氏、久保田修氏に加え、新たに東宝株式会社から山内章弘氏、エイベックス・ピクチャーズから瀬戸麻理子氏の2名が加わり、今年も映画業界の第一線で活躍される映画プロデューサーらが務める。

 

また、今年は「TCP」初の取り組みとして、最終審査会の予告映像の配信と、ファイナリストの紹介映像を本日11月4日(水)より順次、YouTube公式チャンネルにて配信。さらに、最終審査会の様子はダイジェスト映像として11月20日(金)に配信を開始する。

 

 

こちらもCHECK

モデルのKoki,がカラコンブランド「VNTUS」のイメージモデルに就任!

続きを見る

 

 

【最終審査会概要】

最終審査会:2020年11月19日(木)
会場:神田明神ホール
審査方法:最終審査員の面前で企画のプレゼンテーションを実施

 

 

【ファイナリスト一覧】

■脚本部門

・『非常の際には、ここを破って(仮)』煙山 夏美(脚本家)
「チヨ子は、他者との間に壁を作り、孤独の中に安息を得て生きている。しかし、その壁を容易に飛び越えてくるコミュ力モンスターな隣人が現れ、長年築いてきたチヨ子の心の壁は激しく揺さぶられる。その振動は、同じく孤独を抱える近隣住民にも波及していきーー。「壁」の向こうに、チヨ子が見つけるものとは。」

・『三人の柄本明(仮)』安倍 照雄(脚本家)
「俳優・柄本明は、小さな町を目指して電車に揺られていた。ライフワークである一人芝居『エドマンド・キーン』の舞台に立つためだ。それに合わせて、柄本と瓜二つの詐欺師・牛尾がやって来て寸借詐欺を始める。さらに柄本を俳優として堕落したと決めつける青年が柄本を拉致しようとするが、さらったのがそっくりの牛尾だった…。」

・『バトリーヌ!(仮)』藤田 健司(大学生)
「人前が苦手な優しいアニオタ男子・濱野(18)と、毒舌の生粋女子ダンサー・ひな(18)。アニソンダンスを完コピする濱野を、ひなが盗撮したことから全ては始まった——。あれよあれよと2人はアニソンダンスバトルにチームで出場することに。練習でも本番でもぶつかり合う2人は、人々の「好き」が詰まった熱い舞台で勝ち上がることができるのか?」

 

■監督部門

・『蜂月、九月(仮)』松本 花奈(映画監督)
「17歳の恵美はセックスが出来ないことで悩んでいた。セックスをしようと足を広げると、過去のトラウマがフラッシュバックしてくるのだ。ある日、そのトラウマを作った人物・幼馴染みの壮が東京から恵美の前に再び現れる。壮との関わりの中で、生きること、死ぬこと、恋をすることに恵美が向き合えるようになるまでの物語。」

・『結婚結婚うるせえな(仮)』篠田 知典(映像ディレクター)水川 史也(クリエイティブ職)
「バンドを続けながら、アルバイトとして生計をたてている主人公けいいちはある日、結婚を迫る恋人由里子と別れてしまう。けいいちはそれを見ていた独身男を憎む幽霊のモエカに取り憑かれてしまい、殺されそうになるも、1年以内に結婚するという条件で二人の奇妙な共同生活が始まって…?」

・『10歳、ぼくのじんぎ(仮)』角田 恭弥(映画監督・助監督)加藤 毅(プロデューサー)
「同級生をイジメることを日課にしている呉服問屋のひとり息子。そんな少年の前に現れたのは、京都中を震え上がらせた元ヤクザだった。少年はその男とぶつかり合いながらも、男の生き方を学び大人へと成長していく。ひと夏の強烈な出会いと成長の物語。」

 

■企画部門

・『SEXY OLD MAN―或る老人の秘密―(仮)』鈴木 常泰(クリエイティブ職)
「妻を献身的な介護の末に看取った78歳の服部平八郎は、息子によって住んでいた家を売られ、高齢者住宅施設への入居手続を進められてしまう。妻が愛していたこの家を失いたくない――金も仕事もない平八郎は、年齢不問、高収入、未経験者大歓迎のバイト募集の広告を見て連絡すると、そこはアダルト映像制作会社だった…。」

・『ぼくを与える(仮)』よよ(Webデザイナー・脚本家)
「人間の男だけを食う山姥の唯一の生き残りである少女は、16歳になると生殖期を迎え、まぐわった男を食して子を産み、自らも山の栄養となって短い生涯を終える。そんな宿命を背負った少女に恋をした一人の少年。二人の魂の交流を美しくも残酷に描く。」

・『推しが総理になりました。(仮)』瀬戸 菜有里(ライター)
「現在の政治に疑問を持つ堅物な女性国会議員が、国民的人気から総理にまでなってしまったアイドル総理とともに、良い政治とは何かを模索していく政治エンタテイメントです。」

 

  • この記事を書いた人

ハリー

カメラが趣味の現役大学生Webライター。WEBマーケティングを独学し、現在は記事執筆とインスタグラムの運用でご飯を食べている。「餃子の王将」をこよなく愛し、餃子クラブの会員証は毎年自費で入手している。

-ニュース
-

© 2021 学生メディア|ガクスタ