イジゲンな人

「施設から出たあとも毎日拷問」 壊れ始めた精神<イジゲンな人#1-④>

2020年11月21日

  1. HOME >
  2. イジゲンな人 >

「施設から出たあとも毎日拷問」 壊れ始めた精神<イジゲンな人#1-④>

2020年11月21日

拒食症という重いハンデを背負わされながらも、その経験をバネにして自身の夢を見つけた美幸さん。

 

こちらもCHECK

「見た目に関係なく幸せになれる服を作りたい」 拒食症から見えた自身の夢<イジゲンな人#1-③>

続きを見る

 

彼女は、いじめ、拒食症と、人が一生で一度経験することがあるかないかという出来事を、高校生までに経験していた。

 

しかし、彼女にはさらに壮絶な過去が存在していたのだ。

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人

ハリー

カメラが趣味の現役大学生Webライター。WEBマーケティングを独学し、現在は記事執筆とインスタグラムの運用でご飯を食べている。「餃子の王将」をこよなく愛し、餃子クラブの会員証は毎年自費で入手している。

-イジゲンな人
-,

© 2021 学生メディア|ガクスタ