授業

【就活が不利になる?】大学留年とは | 学費や奨学金についても

2021年1月19日

  1. HOME >
  2. 授業 >

【就活が不利になる?】大学留年とは | 学費や奨学金についても

2021年1月19日

こんな方におすすめ

  • 留年の仕組みが知りたい高校生
  • 留年するか不安な大学生

 

※この記事は3分で読めます。

 

留年とは

留年とは学生が進級・卒業できずにもう一度同じ学年をやり直すことを意味します。

単位制の教育機関で,課程修了・卒業に必要な単位を取得していないため,引続きその課程にとどまったり,在学すること。前者を課程留年,後者を卒業延期と呼ぶ。

引用留年とは - コトバンク (kotobank.jp)

 

留年するとどうなるの?

Sakura
もう一年同じ学年をやり直すのか…。じゃあ、留年すると一体どんな不都合があるの?

留年してしまうと以下のデメリットが発生します。

 

学費を多く払わなければならない。

留年するとその年度の学費をもう一度支払うことになります。

 

奨学金が停止になる。

奨学金を貸与している学生の場合、留年により進級ができないと「貸与停止」処分となってしまいます。

ただしこれは、奨学者資格が失われるという事ではありません。

あくまでも留年期間中の停止処分ですので、進級することができたのなら、再び奨学金を貸与することが可能となります。(※要手続き)

 

就活で少し不利になる。

留年をしてしまうと、就職活動の際に留年した理由について尋ねられる可能性があります。ここでしっかりとした受け答えができなかった場合、かなり印象がわるくなってしまいます。

このような余計な対策を考えなければならないため、留年していない学生と比べると不利と言えます。

 

大学内の知り合いが少なくなる。

同級生は先に卒業してしまうので、知り合いが少なくなります。

Sakura

留年は大学生活最悪の結末と言えますね。

 

留年する人の特徴

大学生活最悪の結末である『留年』。ぜひとも避けたいものですよね。

では、どういった特徴をもっている人が留年してしまうのでしょうか?

「類は友を呼ぶ」とはよく言ったもので、私の周りには留年をしてしまった友人が6人もいます。彼らと接しているうちに「留年する人の特徴」がいくつか見えてきました。

当てはまっているいる人は留年の可能性が高いかも…。

 

留年する人の特徴①朝が弱い

朝が弱くて、一限の講義に間に合わないなんて人は要注意。

習慣というのは非常に怖いものです。テストの日も寝坊なんてことになるかもしれません。

 

 

留年する人の特徴②さぼり癖

  出席点がある講義で、「あと何回欠席できるか」を考え、出席点ギリギリまで休むなんて人は要注意。

私の周りの友人は「寝坊して落単」「自分の出席回数を数え間違えてて落単」と非常にダサい単位の落とし方をしていました。

彼らによると「自分の欠席回数はメモしていた方が良い」らしいです。

 

 

留年する人の特徴③サークルに入ってない

これは不思議なのですが、私の周りの留年した人たちはサークルに入っていない人が多い印象です。おそらくですが、普通の人より気力や体力がない方が多いのかもしれません。

 

ちなみに、サークルに入ってない人がどういった学生生活を送るかについての記事を以前書きました。気になる方はチェック!

こちらもCHECK

学生はサークルに入るべき! 友達できずに就活も不利に!?

続きを見る

 

大学留年とは?留年するとどうなる?留年する人の特徴のまとめ

まとめ

留年とは学生が進級できずにもう一度同じ学年をやり直すこと。

留年するデメリット

・学費が余計にかかる

・就活が少し不利

・奨学金が停止

・同期がいなくなる

留年する人の特徴

・朝が弱い

・さぼり癖

・サークルに入っていない

 

Sakura

最後まで読んでいただきありがとうございまいた。本記事は以上になります。 秋卒業を考えられている方は、秋卒業の就活についてに記事もありますので、ぜひそちらも参考にしててください

 

こちらもCHECK

【半年留年経験者がぶっちゃけ!】秋卒業での就活の進め方と注意点

続きを見る

  • この記事を書いた人

Sakura

留年と休学を経て現在5回生の現役大学生ブロガー。 在学中に経験した数々の失敗をネタに記事を作成。 漫画家志望

-授業

© 2021 学生メディア|Sakuralog(サクラログ)